※22年~23年の記事を修正中です!

LoopQueen-EscapeDungeon3 ループクイーン【感想・レビュー】

こんにちは、芋煮です。

今日はHide Games様の「LoopQueen-EscapeDungeon3 ループクイーン」製品版感想です。シリーズ最終作ですが私は初体験です。トップ画像が荒いのしか見つからなくて悲しい…

開発元・パブリッシャーHide Games / PlayMeow
ジャンルロールプレイング
販売日2024年01月04日
販売価格(税込)2,300円
製作ツールUnity
体験版あり
回想:全開放あり:あり
プレイ時間:状況約2時間
ストーリークリア
※敗北エロ確認で約6時間

作品満足度

シリーズファンの方、異種族による陵辱エロが好きな方は★4.5~5でも。奪われた祖国を取り返すシリアスな物語かと思えば、初手絶頂すると時間を巻き戻す女王などツッコミ甲斐のあるコメディ要素も散りばめられていて陵辱ゲーとは思えない面白さがありました。六角形のマップを採用したターン制のローグライクは難易度が難しいor簡単と選べるので、歯応えないな~という方は難しいで挑戦すると楽しめるかも。そしてHシーンですが…異種姦オンリーの敗北エロがLive2Dで堪能できるのでイラストと陵辱が好みならオススメです。エロ時は翻訳の違和感も多少薄くなっていると思う…(個人の主観です)

祖国を救うため仲間と共に女王が戦うローグライク

Ver.1.18でプレイ

本作はオーガズムを経て時間を戻すことができるイリー女王が、魔王カーロンに攻め落とされた祖国を取り戻すべく「古木の巨根」を頼りに霧の森を踏破するループモノローグライク。

シリーズ前2作の主人公達も仲間になる最終作らしい豪華さですが、前作までを知らない私でも楽しめたのでこの作品から始めても何ら問題ありません!Let’sEscapeDungeonの世界へ。

1回約20近いステージをひたすら突き進むローグライク系。ループは大きく分けて2回(ゲーム開始→1回目→2回目)し、2回目ループ後のラストステージが最終戦となります。

最大4人までの仲間を切り替えながら戦うターン制バトルで難易度は『難しいor簡単』の二択。どちらの難易度もフィアラと2人旅になるゲーム開始早々のステージが一番難しいと思われる。

ステージにはモンスターと戦闘・HPやスキルの回復・レベルアップやスキルリセットなどの特徴があり、次に進む道は常に複数用意されているためプレイヤーが任意で選択できます。

2回目のループで出会うシャリスのスキル選択

レベルアップ時にランダムで表示される3つのスキルから1つを選択してキャラを育成。基礎能力アップ以外にも初動スキル、攻撃スキルの場合は各々の個性にちなんだ効果を発揮します。

しかもスキルレベルが上がるとより強力な威力やバフデバフ効果を与えることができます。しかし全てのスキルを使えるわけでなくスロット数も限られているので吟味するのも楽しい。

ちなみに女王はレベルアップ時に仲間のステータスを上げる祝福系を選ぶと、次のループでも引き継ぐみたいなので優先して上げると戦況が有利になります。(クリアした後にレビューで知った)

ループした後はスキルセットされるので、自分のプレイスタイルに合ったスキルを探すのもいいかと。時空の裂け目に進めばスキルリセットもできるからどんどん試していこうぞ!

この場所はLVUPとスキルリセットが可能なステージ

あと遠距離メインのシャリスとシュラルが異様に強く、近距離メインのフィアラが後半空気になってしまう…ステルススキルとか便利だけど遠距離の使いやすさには勝てないんだ…

私は難易度簡単でクリアした後にちょっとだけ難しいに挑戦しましたが、ンマー難しかったです…常に瀕死だった…なので歯応えがないという方は難しいでプレイするとより面白いかも。

システム説明がほとんどないので手探りでプレイし、最後までオレンジ色の石(敵が落とすアイテム)の効果が分からなかった私でもクリアできたのでぬるゲーマーの方も安心して下さい♡

私のように負けなしで進むとHシーンも古木の巨根との2つしか見れないので、ぜひとも負けながら進んだほうが女王達の絶望感も増してゲームとしても面白くなるかと思います。

後半は毒や混乱などの状態異常が多くなってくるけどぶっちゃけ対処法が分かりません

シリアスにさせてくれない翻訳精度

絶頂すると時間が戻せる女王が戦争前に戻そうとして古木の巨根と会うために霧の森を探索し、セックスまでしたのに失敗してしまった…何故?もう一度時間を遡ろう!というループ系シナリオ。

しかし翻訳のおかげで所々クスリとしてしまう面白シナリオになってしまい陵辱色が薄れるのは残念。中国語ができればもっと奥深い物語を楽しめたかと思うと申し訳ないです…

ただボイスは翻訳された文章を日本の声優さんが読み上げており、声の力は偉大だと言うことで文字だけを追うよりも翻訳の違和感が薄れているような感じがしました。

ダーク触手も歌って登場~パパッ!

いや、そもそもモンスターの思考が「マンコ!セックス!犯す!!」と欲望に正直で、ボスの掛け合いも面白いから翻訳前からコメディ色の強い作品なのかと思わないでもないですね。

中ボスやステージ最終ボスが「お兄ちゃんが欲しい妹いないかな?」と呟く魔人や「一年一度赤字覚悟激安棒」と粗チンを揶揄われるゴブリンとかだからなので笑わせにきてるとしか思えない!

この記事を書くあたり、何度か敗北してみましたがやっぱりコメディ?

急に敬語にならないでほしい

一番笑った
このような翻訳が楽しめるならむしろ日本語で。古木の巨根も英語だとEldertree Behemothとカッコいい名前になっているので、中国語や英語ができる方はそちらの言語で遊ぶとシリアスさが増すかもしれません。

異種姦陵辱シーンがLive2Dでたっぷり♡

実際のHCGにはモザイクはありません!(モザイクはこちらで入れました)

画面右上の説明バーの消し方が分かりません

Hシーンに関してはメインシナリオをクリアするだけだと2つしか見られません。しかしこの作品でメインだけクリアして終了するのはもったいない!そう、敗北エロだ!

陵辱こそが花と言わんばかりに各モンスターごとに数パターンの異種姦エロが用意されており、戦闘中に負けるとHシーンへと移行し絶頂した女王のループが発動しながらタイトル画面へ。

シチュエーションは陵辱オンリーで二本刺しや犬扱い、そもそもモンスターなので性器が大きくて痛々しい描写もありますが個人的には翻訳のおかげで暗くなりすぎなくて良かったと思います。

しかも仲間が「女王様に触るな!止めろ!」って止めるのに、当の本人は即チン堕ちしてハート目アヘ顔を晒しながら絶頂するので威厳もクソもない滑稽な姿が堪らん。高貴さなんかない。

美麗なイラストがLive2Dでグリグリ動き、しかもSteam版なのでモザイクなしごにょごにょ…のため、性器の細かな部分まで犯され尽くすシーンはとてもエロいので一見の価値あり。

個人的に好きなのが古木の巨根とのHシーンで、触手のようなものでクリを引っ張られながら尿道口を拡げられて失禁する女王のCGはモザイクなしだからこその描かれ方で最高でしたね。

シーン数は女王が一番多く、時点でよく一緒に犯されるフィアラ。シャリスとシュラルは2人と比べると少ないですが、ガッツリ犯されるのでファンの方もご安心くださいませ。

何度も言うけど声優バフとHCGのクオリティは高く、マウスカーソルで拡大縮小などの視点移動も可能なので、イラストが目当ての異種姦・陵辱が好きな方はオススメしたい作品です!

ちなみに回想はモンスターを倒した数でアンロックできますがクリアすると自動で全開放されます。まだ周回するつもりだったので全開放は任意で選択させてほしかった…のは我儘ですね…

まとめ

今年から「当月内に発売された作品は当月内にクリアする」という目標を立てているので、いきなり3(しかも最終作)から始めてしまいましたがシリーズを遊んでなくても大丈夫で良かった!マス目を移動するローグライクは戦略性もあり、スキルを吟味するのも楽しくて結局約6時間程遊んじゃいました。過去作の主人公も集合して共に戦ってくれるファンには熱い展開だと思いますので、シリーズファンの方はもちろん異種姦・陵辱が好きな方にもオススメな作品です。

ダウンロード

販売サイト販売ページ
Steam販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です