※22年~23年の記事を修正中です!

ミミとベグナデモニア【感想・レビュー】

こんにちは、芋煮です。

今日はU-ROOM様の「ミミとベグナデモニア」製品版感想です。うわーーん!最高だった!

基本情報

サークルU-ROOM( ci-en / Twitter )
ジャンルロールプレイング
販売日2016年07月23日
販売価格(税込)880円
製作ツールツクールMV
体験版あり
回想あり(全開放はなさそう)
プレイ時間:状況約5時間
全エンディング回収

少女と異形の優しくてあたたかな短編RPG

Ver.1.12でプレイ

主人公のミミはエクナ村で学校に通いながら、不在の父の代わりに母ラファラの手伝いで荷物を運ぶのを日課としている普通の少女。

ある日、村で殺人事件が起こり、不穏な空気に包まれると同時期に謎の生物グゥと出会ったミミは惹かれるままにグゥと密やかに交流を重ねていく…

2016年販売作品ですが最近、HBOX.JPで発売予告がされていたので遊んでみたのですが☆10じゃ足りないくらい素敵な愛のお話。

Twitterでも度々呟いてましたが、胸に刺さりまくりのシナリオで涙が止まらなくて真ルートクリア後は余韻でしばらく放心してしまったほど。

ぬるゲーマーな私はゲームに慣れるまで何度もゲームオーバーを経験しましたが、このストーリーを見ることができて諦めなくて良かったと思いました。

事前情報抜きで遊んでほしい作品なので感想記事は読まないでほしい!販売サイトのリンクとGoogleを貼っておきます。退避!

あ!でも二周目以降はフォルダ同梱の攻略メモは見たほうがいいかも(遺言)

ダウンロード

販売サイト販売ページ
DLsite販売ページ
HBOX.JP販売ページ

限られた日数でミミと愛を育む

ジャンルタグは女主人公ですが、メインはグゥ(怪物)を操作した育成パートで日数経過によるイベント発生時にミミの操作に変わります。

グゥパートは①ミミと交流②装備強化の素材集めが③装備強化が主で、31日になると4つのエンドに分岐するのですが私は中々辿り着けず…

この作品の特徴として、グゥのLVを上げるにはミミに植えつけたジェムを回収する必要があり、種をつける→回収ばかりだと悲しまれちゃうようです。

しかも、素材集めと戦闘で減少した満腹度はジェムで回復できるのですが、このジェムを回収するタイミングが悪いと飢えたグゥが…!

慣れるまではこまめなセーブが大事だってばっちゃが言ってた…

最初は満腹度の確認忘れで飢え、プレイに慣れると今度は強くなりたくてミミを粗雑に扱ってゲームオーバーに…

ちなみに、周回特典はエンド毎に異なりますが、ゲームスキル皆無な私でも周回で順調に進められるようになりました!

ただ、日数的にもシビアな真ルートは条件が分からなかったので、素直にフォルダ同梱の攻略メモで確認しました。ロープはまだしも、他は気付ける…?

戦闘はオーソドックスなコマンドバトル

戦闘はツクール標準のコマンド式で、戦闘開始直後にアイテムを自動入手できる点と戦闘終了後に全回復する(回数制限あり)システムがあります。

敵は雑魚・エリアボス両方ともLVを上げて装備を整え、状態異常や弱点属性を利用しないと全滅するやりがいもあり、RPGとしてもしっかり作られていると感じました。

やりこみ要素でクリア後にイベントに関係ない裏ボスと戦えるのですが、私のグゥはまだそこまで強くないのでいずれは挑戦したいです。

練られた世界観と愛があふれた物語に涙

一周1時間程でクリアできる短編作品ですが、繊細なシナリオは短いながらも胸に迫るものがあり、これまで遊んだ同人作品の中でもとくに好きなお話です。

ミミとグゥの交流がスタートしても穏やかな日常は長くは続かず、真ルートではある人物の過去と共に明かされる真相に目が離せません。

ミミもグゥもお互いが大切で優しくしたい、愛したいのが伝わるので絶対に幸せになってくれ!と私は画面越しにゲームを進めることしかできない。

当然ですがシナリオに干渉できないので(笑)、どのエンドも終盤の高まる緊張感と何が起きるか分からない状況はとにかくしんどかったです。

引き込まれるテキストであり、しかも、BGMの選曲や使い方が非常に上手いので感情移入度も半端じゃなくのめり込みました。

エンド4の前にエンド3を見ておくと、余計にね、胸がぎゅううってするので1から順番にクリアしていくことをオススメします。

ミミとグゥだけじゃなくて○○○の過去編やお母さんの想いを知った時も泣けたよ…

触手+和姦オンリーの甘々Hシーン

Hシーンはミミとグゥの交流中に発生して、内容紹介にもある通りに1シーンだけ村人による軽度なセクハラがありますが他は触手和姦です。

交遊度による段階シーンとなっていて、最初は服を脱がすことすら抵抗を示していたのに好感度が高くなると全裸にして膣挿入も可能に。

しかも、エッチに関して手探りなのがまた可愛くて。どのシーンも思いやりにあふれてますが、個人的には処女膜を貫いて終わるシーンがとくに好き。

好感度で一部テキストも変化しますが、結構頻繁に行為を行うのでもうちょっとテキスト差分が欲しかった…私、モットいちゃいちゃガ見タイヨ…(強欲)

そして、なんといってもイラスト!作者様の描く女の子が可愛い!ミミのちょっぴりムチっとした体つきもかなり好み!

胸を弄るシーンの柔らかそうなちっぱいもかなり好き♡

あと、Hシーンの項目で書くことではないですが、一部男性キャラクターもきちんと立ち絵があるので更に没入感が高まりました。(しかも素敵!)

○○○のショタ…カワ…カワ…(ちなみに展開自体は胸が痛い)※〇の伏字は名前か呼称か迷って名前に。

エロが~性癖が~とかなしに、作品自体がオススメなので触手姦や純愛が致死レベルで苦手じゃなければとにかくオススメしたい作品です!

まとめ

記事を書いている間も思い出して泣きそうになり、語彙力のなさがつらくて死にそうなのですが2023年早々に素晴らしい作品に出会えて幸せです。発売自体は2016年だから私は遅すぎるくらいですが、傑作はいつまでも色褪せないのだと改めて感じた次第であります…!U-ROOM様のゲームを全購入したので、また別の作品でも遊んでいきたいと思います。次はどの作品にしようかな。へへへ…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です